Home > Airbnb投資 > 英語が苦手な人のAirbnbのはじめ方 パートタイムの優秀な人材を見つけるには?

英語が苦手な人のAirbnbのはじめ方 パートタイムの優秀な人材を見つけるには?

Airbnb
(写真=PIXTA)

英語ができないなら、できる人を雇えばよい

 Airbnbを利用される方の多くは外国人です。日本文化に精通し、日本語をペラペラ話せる方なら良いのですが、大半の方は片言の日本語をしゃべることさえできないでしょう。そうなると、Airbnbを通じてサービスをご利用いただくためには、意思疎通の手段として英語の語学力が必須となります。

 もしあなたが、英語を話すことができなくても、Airbnbへの登録を諦める必要はありません。英語ができないのであれば、英語ができる人を雇えばいいのです。では、どんな人を雇えば良いのでしょうか? また、どうしたら優秀な人を雇えるのでしょうか?

頼む仕事は明確に、ターゲットは主婦!?

 あなたがどれくらいの規模でAirbnbのホストを営むかにもよりますが、最初から正社員を雇用すると社会保険などの金銭的負担が大きく、手間もかかります。そこで最初は英語が話せる方にパートタイムで働いてもらうのが良いでしょう。

 大事なことはパートの方にお願いする仕事を明確に決めることです。日本ではしばしば、「事務員」として雇用した場合でも、事務以外の仕事をしてもらうことは珍しくありません。しかし、それでは負担が重く、パートの方が辞めてしまう可能性があります。

 あくまでも英語の語学力を補完してもらうためのパートですから、やってもらう仕事の内容を明確にしましょう。具体的には、ゲストらとの英語対応以外の仕事は頼まないことです。相手も語学の仕事をやるために応募してきている可能性が高いはずです。

 では皆さんが、優秀な人材を確保するためにはどうするべきでしょうか?一つは、子育て中の専業主婦で、在宅での業務を希望する方にアプローチする方法です。Airbnbでホストの英語対応が必要となるのは、予約のチェックや電話対応がほとんどです。スタッフは別に出社する必要はありません。子育て中で外出できない方々にも都合が良く、専業主婦に絞ってクラウドソーシングのサイトなどで募集をかければ、予想以上に優秀な人材が集まるかもしれません。在宅で電話やネットを使ったオンライン対応で可能な仕事となれば、人材確保の間口はぐっと広がるでしょう。

 ただし、子育てが一段落した後も、仕事を続けてもらえるかどうかはわかりません。もし本当に優秀な方を捕まえることが出来た時は、将来も働き続けてもらうために、何か手段を考えておく必要があるでしょう。

日本人である必要は無い

 英語を聞いて理解できる日本人は結構いるかもしれませんが、英語で会話できる日本人となると、それほど多くはありません。英語が話せる希少な日本人に働いてもらう場合、それに見合った報酬金額を用意する必要があります。Airbnbで「民泊」を開始して日も浅く、稼働率も上がっていない時期は、オーナーにとって大きな負担となってしまいます。

 しかし、働いてくれる人材が日本人である必要はありません。必要なのは英語の語学力なのです。日本には数多くの外国人留学生がいます。その中には英語、日本語、そして自国の言語を話すトリリンガルが少なくありません。思い切って、そういう人材をスカウトするのはいかがでしょうか。日本人のパートよりも、優秀な人材を安く雇用できるかもしれません。

 外国人留学生にアプローチする場合、普通に求人広告を出すよりも、大学や大学生協を経由して募集をかけるとスムーズです。また、上智大学や明治大学のように、学生アルバイト情報ネットワーク(aines)に委託している場合もあります。そちら経由で求人を出してみるのも良いかもしれません。

 ただし、外国人留学生も良いことばかりではありません。デメリットもあります。まず、学生ビザで来日している場合は、就業時間の上限が決まっています。留学生の場合は、原則1週間に28時間以上は就業できません(大学などが長期休業期間の場合は1日8時間以内)。また外国人留学生の場合、大学や大学院を卒業すると母国に帰る可能性もあります。その場合のリスクヘッジも必要です。

アフターケア(福利厚生)まで考える

 英語ができる優秀な人材を確保できたら「もう大丈夫」と思っていませんか? 確かに働いてくれる人は見つかりましたが、相手は人間です。些細なことで不満が溜まり、辞めてしまうかも分かりません。仕事を続けてもらえるためにアフターケアも考えておきましょう。

 具体的には、報酬額と休暇です。できるだけ人件費は安く抑えたいところですが、優秀な人材を長期間確保しておきたいのであれば、正社員並みとは言わなくても、それなりの報酬は用意するべきでしょう。また、1人だけでなく複数人でシフトを組んで働いてもらい、交代で休暇が取れるようにしましょう。こうしたことを募集時に明示しておけば、それ自体が人材を集める武器になるでしょう。

まとめ

 英語が話せる優秀な人材を集めるのは大変です。しかし、上記のような方法を実践することで、理想の人材を捕まえることが出来るかもしれません。英語力・コミュニケーション力の高い優秀な人材を確保できれば、あなたのAirbnbビジネスはきっと成功に近づくことでしょう。Airbnbを始めるのに、あなたの英語力は関係ありません。クラウドソーシングサイトなどに登録する、語学が堪能で職業経験のある人材に募集をかけてみてはいかがでしょうか。まずは募集時の業務内容をまとめるところから始めましょう。

Check Also

Airbnb

Airbnb物件のオーナーのメリットとは? ~注目される空室利用~

(写真=PIXTA)  202 ...