Home > 不動産投資 > 不動産に興味のある人こそ読んでほしい! 不動産投資のメリット

不動産に興味のある人こそ読んでほしい! 不動産投資のメリット

不動産投資のメリット
(写真=PIXTA)

  一般に不動産投資と言えば、「賃料収入でお金を稼ぐ」というインカムゲインの印象が強いでしょう。投資全般において収益を上げることは重要ですが、不動産投資には家賃で収益を上げるという純投資的な側面以外にも様々なメリットがあります。

  今回は、不動産投資によって得られる5つのメリットをお伝えします。不動産や投資に関心のある方は、ぜひ参考になさってください。

メリット1 投資のためにローンが組める

  通常、投資目的のローンを組むことはできません。株式投資やFXのために金融機関でローンを組んだという話を聞いたことはないでしょう。これに対して不動産投資は、購入する物件を担保にすれば、金融機関でローンが組めます。ここが他の投資と大きく異なる点で、不動産投資のメリットといえます。

  例えば、あなたの手元に投資資金が300万円ある場合、通常はその金額を超える投資は行えません(除く信用取引)。しかし不動産投資の場合、あなたの年齢、職業、勤め先の企業、家族構成などでローンの金額は変わりますが、購入する物件を担保に金融機関で2000万円のローンを組み、300万円を頭金にして2300万円の不動産を手に入れることができるのです。

メリット2 安定した収益が見込める 

  最近は海外市場での株価の暴落や、不祥事などによる上場企業の破綻などのニュースをしばしば見かけます。こうした出来事を予想するのは、投資のプロでも難しいでしょう。株式、FX、先物取引などは、こうした市場の激しい値動きで、短期間に収支が大きくマイナスに振れるリスクがあります。

  一方、不動産投資では、短期的に収支が大きくマイナスになる可能性はとても低いと言えます。その理由は、収益源である「賃料収入」が比較的安定しているからです。総務省統計局のデータによると、1950年以降、東京都の家賃の平均坪単価は、2000年初頭までずっと上昇傾向にありました。2008年のリーマンショック後に多少の落ち込みがあったものの、デフレによる物価下落分で勘案すれば、その落ち込みも緩やかな下落幅であったと言えます。

  実際、景気が悪くなったとしても、1~2年で家賃が半分になったり、入居者が半減したりする状況はまれです。安定的な収益は投資において非常に大きなメリットです。もちろん長期的な視点で見れば、不動産投資も建物の築年数が経つにつれて平均賃料が緩やかに下落し利回りが低下する傾向にあるので、その点は注意が必要です。

メリット3 サラリーマンなら「損益通算」で節税対策に

  税金対策が難しいとされているサラリーマンの方にとって、不動産投資で節税ができるのもメリットの一つでしょう。

  サラリーマンが副業として不動産投資をした場合、「会社からの給与所得+不動産所得=総所得」で確定申告をする必要があります。

  不動産所得は、簡単に言うと賃料収入から経費(固定資産税、借入金利、減価償却費など)を差し引いたものです。不動産所得が赤字だった場合、総所得はその赤字額を給与所得から差し引いた金額になるので、給与収入にかかる所得税が軽減できます。いわゆる「損益通算」です。

  不動産投資では、開始後の数年間の収支が赤字になりやすいのですが、このような形で節税に利用することが可能です。

メリット4 担保に使えて、相続税対策にもなる現物資産

  他の投資と不動産投資が違うのは、不動産は「現物」資産であるということでしょう。単に賃料収入を生み出してくれるというだけでなく、本業などでまとまった資金が必要になった場合に、メリット1でも述べましたが不動産を担保に融資を受けることが可能です。これは他の金融商品にはないメリットです。

  そのため、事業が好調で手元にまとまった資金があるときに不動産を購入しておき、いざ融資が必要となった場合には不動産を担保に借り入れをすることが可能です。

  また、不動産は他の資産よりも評価額が低くなる上に、控除なども利用すると課税額が低く抑えられるので、相続税額を減らす節税効果があります。

メリット5 新たな人脈を築く

  最後は、経済的なメリットではありませんが不動産投資をすることで、新しい人脈が築けるという利点があります。

  不動産投資を通して、仲介会社、金融機関、管理会社、税理士、司法書士、大家さん同士の集まりなど、これまで接点のなかったような不動産業界や不動産投資に関わる人たちと交流する機会が生まれます。
 
  専門性の高い業種、業界ですので、自分の役割と目的意識を持った「プロフェッショナル」な方々が多く、「良い物件を見つけて、多くの収益を上げるためにはどうするべきなのか」という不動産投資を通じた資産運用のノウハウや不動産経営者としての見識を広げる事が可能です。それはあなたの今後の人生にとって、大きな資産になるでしょう。

まとめ

  不動産投資には、他の金融商品には無いさまざまメリットがあることがお分かりいただけたでしょうか。「不動産に興味はあるけれども、自分だけで投資したり経営したりするのは難しいし、不安だ」という方は、投資物件を扱うだけでなく総合的にコンサルティングしてくれるような会社に相談しながら、ご自分にあった不動産投資の目標やスタイルを見つけることをお勧めします。

Check Also

サブリース

サブリースのメリット・デメリットをできる限りまとめてみた

(写真=PIXTA)  サブリ ...